夜行バスの充実した設備│予約はインターネットを利用する

男性女性

利用規約を確認する

バス

夜行バスの乗車券を購入する際には、利用規約についてある程度理解しておくと良いでしょう。乗車券の発売時期ですが、乗車日の1カ月1日前の午前10時から発売となります。例えば乗車予定日が5月1日の場合だと、乗車券の販売は3月30日の午前10時となるのです。しかし、路線によっては、2カ月前から販売されているケースもあります。ですから、早期購入を検討されている人は、事前に確認しておくと良いでしょう。
大人運賃と子ども運賃の区分も大切です。基本的な区分として「大人運賃=12歳以上」「子ども運賃=6~12歳未満」「幼児=1~6歳未満」「乳児=1歳未満」となります。多くの夜行バス会社では、幼児と乳児に関しては、運賃が無料です。しかし、幼児が2人以上になる場合だと、子ども運賃を支払う必要があります。また、幼児1人の利用に関しても、子ども運賃が発生します。夜行バスには、女性専用バスも用意されています。女性専用バスを利用する際は、子どもが男の子だと乗車ができません。そのため、親子で夜行バスを利用する際は、乗車券の種類に気をつけてください。ペットがいる場合は、昼行便に限り車内への持ち込みが可能となります。しかし、運行中に鳴き声や異臭といった、他の利用者へ迷惑がかかる判断された場合は、途中下車となる可能性があります。途中下車になった場合でも、乗車券の払い戻しはされませんので注意してください。盲導犬に関しては、昼夜問わず乗車することが可能です。
ペットに関しては、バス会社によって取り扱いが異なる場合があるので、事前に確認しておきましょう。